テレセやオナ電の今と昔

実際にオナ電をした経験がないという人でも、ほとんどの人はその名前くらいは耳にしたことはあるかと思います。
オナ電は昔から存在していました。

その方法はというと、手当たり次第に電話を掛けて、出た相手に卑猥な言葉を投げかけて反応してきたならそのままプレイを行なうというものでした。
しかしこの方法ではなかなかプレイをするような相手に出会うことはなく、ほとんどが無駄に終わっていたのが実情でした。

やがてテレフォンクラブやダイヤルQ2といったシステムが流行った時には、これらがオナ電のためのツールとして利用されました。
テレフォンクラブ、いわゆる「テレクラ」は一時期一世を風靡したものですが、これはテレフォンクラブに入店した男性が個室に入って女性から掛かってくる電話を待つというものでした。

多くは電話を掛けてきた女性と実際に会う約束をしてセックスをすることが目的だったのですが、中にはオナ電をするためにテレクラを利用していた男女もいたようです。
ダイヤルQ2も不特定多数の異性と会話ができることからオナ電に利用されたものです。

今ではオナ電をするために昔のように手当たり次第に電話を掛ける必要はなくなりました。
またテレフォンクラブやダイヤルQ2も廃れてしまった現在は、オナ電をするならインターネットのオナ電サイトを利用するのが一般的となっています。

昔に比べて簡単で手軽に相手を見つけることができることもあって、今また再度オナ電が脚光を浴びているのが現状なのです。